悪しき洞窟の迷い子

悪統一の対戦記録

悪統一でもハメ戦術をしたかった

【はじめに】

こんにちは、クルトンと申します。

今回はoras時に作った構築で、7世代になって全く使い物にならなくなってしまった並びをどうしても記事に残しておきたかったため書きました。

参考になるような内容ではないと思いますが最後まで読んでもらえると幸いです。



【戦術】

『楽してレートを上げたい』
そんな甘えた考えからたどり着いたのが"レパルガッサ"を参考にした、レパルダスを使った催眠パ。
この時点で7世代で通用しないことがよくわかりますね。

では、一体ずつ個体別紹介をしていきます。


レパルダス
f:id:kuruton_aku:20170630010208p:plain

持ち物:たべのこし
性格:いじっぱり
特性:いたずらごころ
努力値:44-252-0-×-0-212
実数値:145-154-70-×-70-153
技構成:アイアンテール/ねこのて/つめとぎ/みがわり

H:身代わり4回使用可能、たべのこし回復量最大

A:A↑アイアンテールでH252ニンフィア確定1発

S:準速100族抜き


構築の軸。猫の手で催眠術を使用し、身代わり。爪研ぎでアイアンテールの威力と催眠術の命中を上げながらハメます。
やることは簡単ですが一回目の催眠術を当てないとかなり厳しいです。爪研ぎさえ積んでしまえば後は相手の最速起きをしないことを願いましょう。
アイアンテールを採用することで無効にされることがなくBダウンも狙えます。命中不安も爪研ぎにより安心。
先発には選出せず、タイミングを見極めて出しましょう。


他に猫の手を覚える悪タイプ
・Aペルシアン→素で催眠術を覚える。
マニューラ→高速移動を覚えサイコフィールドに縛られない。



カラマネロ
f:id:kuruton_aku:20170630015853p:plain

持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
特性:すりぬけ
努力値:0-252-4-×-0-252
実数値:161-144-109-×-95-137(205)
技構成:どろぼう/さいみんじゅつ/すりかえ/みちづれ

S:最速135族と同速


催眠術を猫の手で出すための枠。泥棒はタイプ一致の攻撃技。催眠術とすりかえでレパルダスの起点作り。道連れはきついポケモンを無理やり持っていくため。
先発によく出し相手の変化技にすりかえをした後、交代先に催眠術を入れる。すりかえ後、後攻催眠術が決まればレパルダスに交代しそのままハメの形。


他に催眠術を覚える悪タイプ
・Aペルシアン→道連れを覚えない。
ミカルゲ→Sが遅いため道連れが生きにくい。



ヘルガーorワルビアル
f:id:kuruton_aku:20170630032356p:plain f:id:kuruton_aku:20170630021700p:plain


ヘルガー

持ち物:きあいのたすき
性格:ようき
特性:もらいび
努力値:4-252-0-×-0-252
実数値:151-142-70-×-100-161
技構成:どろぼう/カウンター/ほえる/みちづれ

タイプ一致ウェポンに泥棒。カウンター+道連れで最大2体まで持っていける。吠えるは起点阻止。
ヘルガーのメリットはカウンター+道連れで2体まで倒せ、裏のカラマネロの道連れでeasy winが狙える。



ワルビアル

持ち物:きあいのたすき
性格:いじっぱり
特性:いかく
努力値:4-252-0-×-0-252
実数値:171-185-100-×-90-144
技構成:どろぼう/きあいパンチ/カウンター/ほえる

泥棒ときあいパンチの2ウェポン。襷カウンターと起点阻止の吠える。
ワルビアルのメリットは泥棒の他にきあいパンチの攻撃技が使える。威嚇によりレパルダスの耐久補助ができる。



【最後に】
見ての通りかなり運に左右されるため強い構築とは言えませんでした。はっきり言ってしまえば害悪戦術であり、自分が好みの戦い方ではないです。
それでも7世代になりカプ系統の存在だけでこの構築が使い物にならなくなったのは残念でした。
自分としてはメタゲームなどで使ってみるのはいいかもしれません。

新しい戦い方を見つけ出していくことは楽しいことなので、手始めにorasの内容を書きましたがまた何か面白いギミックが出来れば紹介できたらと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

質問等はこちらで→Twitter【@kuruton_aku】